お尻シェイプアップ ヒップアップ 太ももシェイプアップ

お尻はか弱く柔軟

50歳からじゃない。より早くから運動などはやるべきです。

 

職場でも出来る簡単な運動、自分で思いつくもの、何でもいいのです。強い気持ちがないとダンブリとしてきます。

 

私も20代の頃は、「〇〇さんのお尻、いい形をしているねえ」なんて女性から言われたものです。私の体験からすると、あまり太り過ぎないことを、いつも考えて生活しています。

 

贅肉が重力に負けないくらいには太らないと強く心に言い聞かす。一番いい予防法はつま先で歩く事と考えます。平地でもデコボコ道でも、勿論階段でもやるのです。バスを待っているときや、炊事をしているときなんかもやります。周りの人目が気になるなら、靴の中で足の親指にギュッと力を込めて、太股からお尻に向かって力を集中させるのです。

 

でも顔は平然としている。こんな感じでしょうか。(内心汗タラリ。。)お腹とお尻に力を入れて、重力に負けるな、たるむんじゃいけないよ、と言い聞かせるのです。要は自己暗示。後は食事も大事と考えます。カロリーは極力控えめにします。甘いものは好きです。砂糖は元気の素です。食せば幸せを感じます。これを完全に拒否しては駄目でしょう。残るのはストレスだけだからです。太らない程度に適度に召し上がるのが賢者のやり方ではなかろうかと考えます。

 

いったん太ってしまったら、やはり重力には勝てなくなると、頭に叩き込んでおくのです。その後に痩せたとしても、ダブリンとなってしまうのは間違いありません。でもある時から、お尻が急に重たくなったと実感したときがありました。坐ったままの仕事をするようになってからでしょうか。たるんでる。どうしよう。。

 

あるテレビ番組を見ている時に、椅子に座ったまま何年も引き篭もりをして、ゲームをしていた外国の少年の番組をやっていました。少年はおばあちゃんと一緒に暮らしていたのですが、学校へも行かず、好きなだけ食べてはソファーに掛けてゲームをやるという日々が続き、その為歩く時にお尻の形がソファーの四角い形に変わっていたのです。こんな事があるんだなと私は驚きました。

 

お尻はか弱く柔軟、労わってあげなきゃならない身体の一部なんですね。さあ、運動始めよう。精一杯背伸びをしてみるといいかも。身体動かさなきゃ、たるむぞと、お尻が知らせているから。